共同研究内容のご紹介

臨床研究「半導体基礎技術とバイオ基礎技術を応用し、生活習慣病(成人病)を未然予防するためのネットワーク型ポータブル血液検査キット試作・開発」

筑波大学医学医療系スポーツ医学では、標題の臨床研究を実施しております。

 本研究の概要は以下のとおりです。

 

① 研究の目的

  Blue Industries株式会社が開発している生化学分析装置の測定精度検証。本研究によって測定

精度検証がなされれば、次に病院において実証実験を開始します。

② 研究対象者

2018年4月1日から2020年3月31日までに筑波大学附属病院で診察・治療を受けた患者さんの一部

③ 研究期間:倫理審査委員会承認後〜2020年3月31日

④ 研究の方法

  本研究では、つくば臨床検査教育・研究センターによる「臨床検査の測定及び診断技術の向上

プロジェクト」を活用します。このプロジェクトは、筑波大学附属病院で診察・治療を受けた

患者さんの検査で使用した残余検体を研究・評価のために利用するものです。利用目的として

は、提供された試料・情報を用いて、Blue Industries株式会社が開発している生化学分析装置

の測定精度検証を筑波大学内で行います。つくば臨床検査教育・研究センターからは、個人を

特定できない状態で試料・情報が提供されます。

⑤ 試料・情報の項目(具体的に記載すること)

  傷病コード、既往歴コード、投薬歴、年齢、性別、検査結果、および残余検体(血液)

⑥ 試料・情報の第三者への提供について(該当する場合は記載)

つくば臨床検査教育・研究センターから提供される情報はCD-Rを用いて、また試料(残余検体(血液))は直接、筑波大学医学医療系スポーツ医学が受け取ります。生化学分析装置の測定精度検証はBlue Industries株式会社社員とともに筑波大学内で行います。測定精度検証で得られた結果は、CD-Rを用いてBlue Industries株式会社に提供します。

⑦ 試料・情報の管理について責任を有する者

  筑波大学医学医療系スポーツ医学 教授 竹越一博

⑧ 研究機関名および研究責任者名

(1)筑波大学医学医療系スポーツ医学(竹越一博)

(2)Blue Industries株式会社(久慈知明)

(3)つくば臨床検査教育・研究センター(鈴木悦)

⑨ 本研究への参加を希望されない場合

患者さんが本研究への参加を希望されず、試料・情報の利用又は提供の停止を希望される場合は、下記の問い合わせ先へご連絡ください。すでに研究結果が公表されている場合など、ご希望に添えない場合もございます。

⑩ 問い合わせ連絡先

筑波大学附属病院:〒305-8576 茨城県つくば市天久保 2-1-1

所属・担当者名:筑波大学医学医療系スポーツ医学 教授 竹越一博

029-853-3389 k-takemd@md.tsukuba.ac.jp 平日9~17時

このページのトップへ